医療保険の必要性病気やケガで入院した時にかかる費用

医療保険の必要性と保険加入率

医療保険コンテンツ&公的医療保険制度

医療保険は必要?

  • 医療保険の加入率
  • 実際の入院費用と保障額
  • 入院経験者の平均入院日数
  • ガンへの備えも必要
  • 健康保険では十分とは言えない
  • 交通事故に関するデータ

医療保険の選び方

  • 医療保険ランキングから選ぶ
  • 人気になっている保険から選ぶ
  • 定期医療保険の選び方
  • 終身医療保険の選び方
  • ケーススタディで見る保険選び
  • ライフステージ別の保険選び

保険の見直し

  • 保険を見直す時のポイント
  • 保険の見直し方と保険料の節約
  • 医療保険のタイプ別の見直し方
  • 保険を見直すタイミングや年齢
  • 乗り換えや解約する時の注意点
  • 生命保険(死亡保障)の見直しも

保険で注意すること

  • 契約や見直し時の注意点
  • 保険金・給付金が支給されない場合
  • 保険料未納による失効に注意
  • 入院保障・入院給付金に関する注意点
  • 手術保障・手術給付金に関する注意点
  • 通院保障・通院給付金に関する注意点

健康保険の仕組み

  • 日本の公的医療保険制度の概要
  • 健康保険適用の医療と適用外の医療
  • 国民健康保険の仕組みや保険料
  • 会社員の健康保険の仕組みや保険料
  • 傷病手当金や労災による給付
  • 高額療養費の仕組みと特徴・計算方法

医療入院費用の資料

  • 医療費と医療保険の関係
  • 入院した時に支払う費用と項目
  • 疾病別の実際にかかる医療費の例
  • 性別・年齢別の入院費用
  • 入院や入院費用に関するデータ
  • 医療費控除と生命保険料控除

医療保険・がん保険・女性保険の選び方

医療保険の選び方

病気やケガに対する入院や手術の保障としては、医療保険と女性保険がありますが、医療保険でも女性の病気は保障されますので、基本的には男性でも女性でも医療保険に入るのがいいと思います。

また、医療費は公的医療保険でも保障されますので、病気やケガに対する保障は健康保険と貯金で考えて、高額な治療費になる可能性があるがんに対する保障として、がん保険に入るのが良いかもしれません。最近は医療保険に入らずにがん保険のみに入っている人も増えています。

自分にあった保険を見つける

日本には公的医療保険制度がありますので、民間の医療保険が絶対に必要というわけではありませんが、健康保険は最低限の医療保障しかありませんので、足りない分は保険会社や共済などの医療保険で補わなければなりません。

入院保険は、入院や手術をした時の給付金はもちろんですが、通院保障やガン保障、女性疾病保障などを特約として付けることができます。ただ保障額が大きいと保険料アップに繋がりますので、不要な特約は付けるべきではありません。

男性・女性・年齢の違い、年収(収入)によっても毎月支払っていける保険料が違います。自営業なのか会社員(サラリーマン・OL)なのかによっても、良い保険は変わってくるでしょう。

基礎知識を身につける

保険会社の営業マンに商品を紹介してもらうのではなく、自分自身で保険を見つけるという場合には、どの商品が適しているのかを判断するために、ある程度の医療保険の知識が必要になってきます。

保険のプロになる必要はありませんが、公的医療保険でどこまで保障されるのか、どういった種類の生命保険があるのかを理解した上で、入院給付金の保障額や日数を選ぶことになります。

当サイトでは、初心者の方でも医療保険の選び方がわかるように、保険の基礎知識医療保険のFAQ保険用語集を用意していますので、まずは医療についての情報を集めるのが良いと思います。

がん保険 女性保険

保険のグループサイト

はじめて生保
保険の選び方と見直し
はじめて個人年金
人気の個人年金を比較
はじめて学資保険
学資保険の人気ランキング
はじめてガン保険
がんの治療と人気のがん保険