医療費の明細書の書き方

1年間に支払った医療費額が大きい場合、確定申告で医療費控除が受けられますが、控除を申請する際に確定申告書や領収書、医療費の明細書などを提出する必要があります。

»確定申告の際の医療費控除の申請方法

医療費の明細書は金額が高額になる場合や、複数人の医療費をまとめて申告するような時に必要になります。

医療の明細書は国税庁のホームページでダウンロードできるようになっていますので、それを印刷して記入後、税務署に提出するようにしましょう。

»医療費の明細書のダウンロード(PDF)

医療費の明細書の書き方

これが国税庁のホームページからダウンロードした医療費の明細書です。説明書きがありますので難しいことはないと思います。

医療費控除は納税者本人だけではなく、生計を一にする配偶者や子供、親族が支払った医療費をまとめて申告することができます。領収書を一つ一つ記入する必要はなく、一人ずつまとめて1行で書いて大丈夫です。

控除額の計算

それぞれの人の医療費の金額を入力したら、次に控除額の計算を行い、それぞれの金額を記入していきます。

  • A・・・支払った医療費の合計額
  • B・・・保険金などで補てんされる金額
  • C・・・A-Cの金額
  • D・・・所得金額の合計額
  • E・・・Dの5%の金額
  • F・・・Eと10万円のいずれか少ない方の金額
  • G・・・C-Fの金額

保険金などで補てんされる金額とは、高額療養費や医療保険の入院給付金、出産育児一時金などの受け取った保険金(給付金)などのことです。この分は、実際には医療費として負担していないので除かれます。

所得金額の合計とは、給与所得者であれば、源泉徴収票の給与所得控除後の金額のことです。

最終的にGの金額が医療費控除される額という事になります。

医療保険の一括資料請求

医療保険の一括比較で、同じ保障内容で保険料が880円も安い保険が見つかりました。

保険市場の一括比較では、30種類以上の商品が比較でき、気になった商品をまとめて資料請求することができます。

申込は3分ほどで終わり、数日で各保険会社から資料が送られてきます。

医療保険ランキングはこちら

医療保険の一括比較はこちら